エラー

閉じる

情報

閉じる

スペルチェッカー

自動スペルチェック

米国カナダおよびイギリス英語の辞書およびブラジルポルトガル語デンマーク語オランダ語フィンランド語フランス語ドイツ語イタリア語ノルウェイ語ポルトガル語スペイン語およびスウェーデン語の辞書を含むスペルチェッカーがオペレータ コンソールに組み込まれています。 間違って入力された可能性があるあなたのメッセージや単語をハイライトし、自動的にスペルをチェックします。

候補リスト

あなたが間違って何かを綴っている場合、スペルチェッカーは、その場できる限りスペルの候補リストを含むドロップダウンボックスを提供します。 正しい単語を選択します。

ユーザー辞書

あなたの辞書を拡張し、単語や業界特有の略語を追加することができます。

一般的なオプション:

  • 大文字と小文字の区別

    有効にすると、大文字と非大文字で始まる単語の区別が行われます。 例えば、canada は、 Canada と違うとみなされ、canada はスペルミスと報告されます。 このオプションを無効にすると、canada、Canada, および CANADA は同一とみなされます。

  • ハイフネーションされた単語の分割

    有効にすると、ハイフネーションされた各単語は別々の単語としてチェックされます。 例えば、double-clickは、doubleclick として別々にチェックされます。

  • 所有格接尾辞の除外

    有効にすると、単語の所有格接尾辞(チェックされずにスキップされる)は無視されます。 例えば、user'suser としてチェックされます。

  • 大文字の単語の無視

    有効にすると、すべての大文字を含む単語は無視されます。 チェック対象のテキストに多くの頭字語が含まれている場合は、このオプションが有効にする必要がある場合があります。 例: HTML、ASAP

  • 大文字で始まる単語を無視

    有効にすると、すべての大文字で始まる単語は無視されます。 チェック対象のテキストに多くの固有名詞が含まれている場合は、このオプションが有効にする必要がある場合があります。 例: John Smith

  • 大文字と小文字の混合を無視

    有効にすると、大文字と小文字を含む単語は無視されます。 例: PrintScreen、CapsLock

  • 数字の混合を無視する

    有効にすると、すべての数字を含む単語は無視されます。 チェック対象のテキストが多くのコードワードまたは数字を含む他のシンボルが含まれている場合は、このオプションを有効にすることが必要になる場合があります。 例: Win98、MPT63

候補のオプション:

  • 音韻の候補

    有効にすると、音韻パターンに基づいて、スペルミスの代替(すなわち、「音韻」が似た単語)を示唆します。 例: selling に対して celingを示唆します。

  • 誤植の候補

    有効にすると、誤植の類似性(すなわち、類似するスペルの単語)に基づいて、スペルミスのため代替を示唆します。 例: cling に対して celingを示唆します。

  • 分割した単語の候補

    有効にすると、2 つの別々の単語を結合した単語をスペルミスのため代替として提案します。 例: Web page に対して webpageを提案します。

言語に依存するオプション:

  • 縮約語の分割(フランス語、イタリア語)

    有効にすると、別の単語としてアポストロフィで区切られている各単語をチェックします。 例: quell'annoquellanno として別々にチェックします。

  • 単語分割(ドイツ語)

    有効にすると、スペルミスの単語を二 つ以上の小さな単語に分割します。 例: breakpoint は、 breakpointになります。