エラー

閉じる

情報

閉じる

ESET NOD32 アンチウイルスで、チャット サービスを信頼できるとして追加する方法

チャット コンソールで次の問題のいずれかを経験している場合:

これは、ESET アンチウィルがが、オペレータ チャット クライアントを部分的または完全にスキャニングしている、あるいは、ブロックしていることを意味します。 この問題を解決するには、チャット サービスを ESET でホワイトリスト化する必要があります。 手順は簡単です、以下の手順を参照してください:

  1. ESET NOD32 ダッシュボードを開きます
  2. セットアップ >> 「Web および 電子メール」をクリックします
  3. 「Web アクセスおよびアンチフィッシング保護」の下で、設定をクリックします
  4. 左側のペインで、「HTTP、HTTPS」 >> 「URL アドレス管理」をクリックします
  5. 右側の有効なウィンドウのドロップダウンリストから、「フィルタリングから除外されたアドレス一覧」を選択します
  6. ウィンドウの下部の追加ボタンをクリックし、*.providesupport.com(アスタリスクを含む)を入力します。
  7. アドレス一覧を参照して、一覧の有効化チェックボックスを選択し、一覧を有効化します。
  8. ウィンドウ下部の OK をクリックして、変更を確定します

手順 6 でドメイン名を入力する際、ドメイン名の前のワイルドカードを省略していないことを確認してください。 メインドメイン providesupport.com の下のすべてのサブドメインを ESET セキュリティを通して許可するため、ワイルドカードが重要です。

この後も、パフォーマンス問題が継続する場合は、オペレータ コンソール アプリケーションをスキャニングから除外する必要があるかも知れません。 以下の手順に従ってください:

  1. もう一度、ESET NOD32 ダッシュボードを開きます
  2. セットアップ >> コンピュータ をクリックします
  3. リアルタイムファイルシステム保護」の下で、「除外の編集」をクリックします
  4. 追加ボタンをクリックして、ProvideSupportConsole.exe ファイルへのパスを入力するか、ツリー構造から選択します(デフォルトパスは、C:\Program Files\Provide Support\ Live Support Chat for Web Site です)
  5. OK をクリックします

必要な変更を行った後、必ず、オペレータ コンソールを再起動してください。